FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

10/21(日)「ゴールドカップレース第5戦」レビュー

10月21日(日)にオートポリスでは、4輪地方選手権「ゴールドカップレース第5戦」が開催されました。朝から素晴らしい天候に恵まれ、まさにレース日和の中、白熱のバトルが展開されました。

スーパーフォーミュラカート第4戦
rd5スタート (800x533)
36台のマシンが一斉にローリングスタート。

■SF125YZ
SF125YZ No1 (800x533)
SF125YZ No2 (800x533)
SF125YZ No63 (800x533)
No1石川創選手 小川R Making Garageがポール・トゥー・ウインで優勝(上)。
2位No2市尾慎一選手 丸岡カートランドRTヒラヤマ(中)、3位No63渡辺靖之選手 ヤマショウ レーシング(下)。

SF125YZ表彰式 (800x450)
SF125YZ優勝No1石川選手 (800x717)
SF125YZクラスの表彰式(上)。
優勝したNo1石川選手は、今季もシリーズタイトルをゲット(下)。


■SF-MAX
SF-MAX No18 (800x533)
SF-MAX No34 (800x533)
SF-MAX No6 (800x533)
No18大津宏行選手 FIORE Motor Sportsが、今季2勝目を挙げ優勝(上)。
2位No34古賀 成選手 TEAM C.O.B(中)、3位No6廣田荘太郎選手 ANT.RT with 西ブト会(下)。

SF-MAX表彰式 (800x441)
SF-MAX優勝 No18大津選手 (800x533)
SF-MAXクラスの表彰式(上)。
ポール・トゥー・ウインで優勝を飾ったNo18大津選手(下)。


■SF100-OPEN
SF100-OPEN No4 (800x533)
SF100-OPEN No41 (800x533)
SF100-OPEN No36 (800x533)
ポール・トゥー・ウインで、No4小川直己選手 オガワレーシングSF100が優勝(上)。
2位No41中野英利選手 FORTY-ONE F100(中)、3位No36野田美喜男選手 小郡サイクル松尾 F100 GC020(下)。

SF100-OPEN表彰式 (800x504)
SF100-OPEN優勝 No4小川選手 (723x800)
SF100-OPENクラスの表彰式(上)。
No4小川選手は今季3勝目。昨年に続きシリーズタイトルを獲得(下)。


■SF100
SF100 No87 (800x533)
SF100 No26 (800x533)
SF100 No37 (800x533)
No87花木一斗選手 T-LABOが、ポール・トゥー・ウインで優勝(上)。
2位No26恒松克己選手 太陽の家andオガワレーシング(中)、3位No37花田智洋選手 top-secret F-100(下)。

SF100表彰式 (800x544)
SF100優勝 No87花木選手 (800x778)
SF100クラスの表彰式(上)。
前戦に続き優勝のNo87花木選手(下)。


SF125RS No68 (800x533)
SF125RS No68松尾選手 (690x800)
SF125RSクラスには、No68松尾秀敏選手 クニRS125が参戦。総合トップでチェッカー(上・下)。

SF4 No67 (800x533)
SF4 No67山下選手 (653x800)
SF4クラスのNo67山下二郎選手 ヤマショウ レーシング(上・下)。



スーパーFJ/FJ1600
SFJ FJ rd5スタート (800x533)
スーパーFJが16台、FJ1600に2台がエントリー。

No31 (800x533)
No51 (800x533)
No33 (800x533)
福岡出身の高校生ドライバー、No31坂口夏月選手ART GP JAPAN 10Vが、見事なポール・トゥー・ウインで優勝(上)。
2位No51福田詩久選手 FSプロジェクト(中)、3位33吉田宣弘選手 テクノスポーツ☆DAYTONA☆ED(下)。

スーパーFJ表彰式 (800x481)
SFJ優勝 No31坂口選手 (800x533)
スーパーFJの表彰式(上)。
優勝したNo31坂口選手は、スーパーGTで活躍する道上龍選手が率いるカートチームのエース。今後のフォーミュラカーレースの活躍期待大(下)。

No19 (800x533)
No19 IM選手 (800x729)
鈴鹿選手権で活躍するNo19 IM CHE WON選手 KIM’S RACINGが、スポット参戦(上・下)。



No4 (800x533)
No7 (800x533)
FJ1600 (800x445)
FJ1600は、No4高下直也選手 KRS☆オレジャーMF105がトップチェッカー(上)。
2位にNo7北村秀夫選手 EVの熊西オート&黄な線SK&OV60秀(中)。
お二人は、表彰台で記念のスナップ(下)。

S2000CUP (800x533)
ロードスターCUP (800x533)
デスタイカップ (800x533)
そのほか、S2000 CUP(上)、ロードスターCUP(中)、デスタイCUP(下)が行われました。

KY3K8405 (800x533)
オートポリスの4輪レースは、11月10日(土)・11日(日)の「スーパー耐久第6戦」のみとなりました。

スーパー耐久チラシ 表 (575x800)
スーパー耐久
「スーパー耐久第6戦」の前売り観戦券、すでに発売中です。詳細は、オートポリスホームページをご覧下さい。http://www.autopolis.jp/supertaikyu/

写真提供:オートポリス

2012.10.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

J-HIGASHI

Author:J-HIGASHI
レースと車を語る

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。